WEBサイトの常時SSL化・ほか

 サイトマップ
  本当の格安ホームページ制作 AD ART  
ADART トップページ格安の特徴オリジナルデザインテンプレートデザイン制作実績お問い合わせ
  本当の「安さ」で選びたい ADART  
  格安ホームページ制作のADART 常時SSL化・ほか  
 

 常時SSL化 (https化) ¥3000 / 年
  • オプション ¥3,000 / 年間更新料

  • 上記料金は「メールフォームの有無」によって異なります

SSL(SSLによる暗号化通信)とは、インターネット上でやりとりされる情報を暗号化し、第三者によるデータの「盗聴防止・改ざん防止」等を目的とした技術(通信方法)のことです。

本来はそのような目的ですが、フォームを用いない一般のお客様サイトにおいては、ここ数年で急速に変化する「SEO対策・Google対策・ブラウザの警告表示対策」が主な目的と言えます。

本オプションの「常時SSL化(https化)」とは、WEBサイトを「SSL化(https化)」することで、ブラウザからサイトにアクセスする際、常にSSL接続でページを閲覧してもらう方法です。

見た目上の判断は、SSL化されていない通常は「URLの最初」が「http」となり、SSL化されたサイトは「https(http の後に s が入る)」になります。ブラウザによっては、httpsという文字の代わりに「鍵アイコン」なども使用されています。(下画像参照)


主に、2018年にはChrome、2019年にはSafariなど、ブラウザによっては「常時SSL化されていないサイト( s 無しの http のまま)」では「保護されていません / 安全ではありません」などと表示されるようになりました。

さらに2019年10月、Googleから「2020年」頃には「今よりもさらに常時SSLを厳格にしていく」と発表もありました。

これらのことからも、ここ数年で急速に常時SSL化の必要性が高まると同時に、近い将来、WEBサイトは「常時SSL化のみ」に完全移行していく流れが現実的になっていると言えます。

※常時SSL化オプションの適用後は、SSL化前のまま「http」でアクセスされても「https」に「自動転送」する設定も同時に行います。

※途中でSSL化した場合は、正式なURLの最初が「 http から https 」に、逆にSSL化を解除した場合は「https から http」に変更となります。ご注意ください。

※一部のブラウザやバージョンでは、ブログの埋め込みや何らかの外部プログラムの埋め込み等を行っている場合、それらがhttpsに対応していないなどの際には、「保護されていません」の表示が出る場合がございます。これは「一部(外部の埋め込み部分)が保護されていない」の意味になり、通常、ページはhttpsで表示(常時SSL化)で表示されいます。(アドレスバーをクリックしてURLの全文を表示させてご確認ください)

※近年では「SEO対策・Google対策・ブラウザの警告のような表示による不安感を与えないため」といった目的として必要性が高まっています。
 
オプション料金の違いについて
 「メールフォーム」をご利用中のお客様
主に、下記1~4のいずれかとなります。

1.常時SSL化のみ
(¥3,000 / 常時SSL化の料金)

2.常時SSL化 & メールフォーム
(¥5,000 / 両方を含めた料金)

3.メールフォームのみ

(¥3,000 / フォームの料金)

4.どちらも無し

¥5,000プランのメールフォームは、自動的に常時SSL化(別途追加料金 なし)となります。

¥3,000プランのメールフォームをご利用中のお客様で、常時SSL化を追加で希望される場合は「¥3,000プラン」から「¥5,000のプラン」に変更することで、自動的に常時SSL化も追加となります。(プラス¥3,000ではなく、プラス¥2,000で追加可能)

メールフォームのご利用がないお客様は、常時SSL化オプション料金「¥3,000 / 年間更新料」でのオプション追加となります。
 年間更新料の「起算日・更新日・料金・完了目安」など
常時SSL化の「年間更新料」は、サイト本体の更新日(ホームページの年間契約の更新日)と「同じ日(同じ起算日)」になります。

※ご契約の途中で追加した場合でも、次回更新日までの「日割り料金」等には応じられませんことから、更新のタイミングでの追加を推奨しております。また、ご契約途中にオプションを削除した場合(常時SSL化をやめた場合)も、残日数分の日割り返金等は行っておりませんこと、予めご了承ください。

※契約途中・更新時でのご希望の場合、すべての作業完了目安は、通常「作業開始(更新日)から、14営業日以内程度」となります。これら作業や設定期間中の未適用期間も日数に含まれます。また、状況により日数は前後する場合もございます。

※お支払いは、完了案内から1週間以内となります。(更新時のご希望は更新と同時のお支払いとなります)
 「お申込み・変更」など
お申込み・変更などにつきましては「常時SSL化の追加希望フォーム(変更フォーム)」より、内容を送信してください。

(※更新時1:自動更新ではない「更新フォーム」での更新のお客様は、更新フォームに希望選択欄がございます)

(※更新時2:「自動更新」のお客様は、お手数ですが「追加希望フォーム(変更フォーム)」よりお伝えください。改めまして、お見積り等のご案内をお送りさせて頂きます)

主に、AD ARTのお客様に関する「必要性」のご案内となります。

1.

「SEO対策」としての必要性が高くなってきています

SEO対策(検索結果で上位の方に表示させる対策)において重要なサービスを提供している「Google」は公式に「常時SSL化(HTTPSの有無)」を「検索順位の評価対象」にすると発表しました。

わかり易く、単純な比較で説明しますと「常時SSL化していない場合よりも、常時SSL化している方がSEO対策として有利(上位に来やすい・優遇される)」ということになります。

2014年に公式発表されたもので、これまでそれほど強い影響ではなかった(サイトに掲載されている中身の方が圧倒的に重要であった)のですが、Googleは引き続きこの常時SSL化を強く推奨しているため(※下記2を参照)、今後、強い影響を受けてくる可能性が考えられます。

これらのことから、近年で急速に「SEO対策におけるSSL化の重要性・関連性・必要性」が高い時代に変わってきていると言えます。

2.

一部のブラウザで「警告が表示」される場合があります

インターネットが普及してから長らくの間は、主に「ショッピングサイト・カード会社・銀行」などで、「クレジットカード情報」や「パスワード等」を入力するフォームページには「SSL化が必須(暗号化する必要有り)」とされてきました。

しかしながら、近年で急速に様子が変わってきています。

2017年1月に「Googleのブラウザ:Chrome(クローム)」において、「パスワード・クレジットカード番号」の入力があるような、ごく一部の重要なページでSSL化されていない場合には「警告表示」を出すようになりました。

2017年10月には、重要かどうかに関わらず「フォームページの入力項目に入力をするだけ」で、アドレスバーに警告表示「保護されていません」(※上の画像参照)が出されるようになりました。

さらには、2018年7月リリースの「Chrome」からは、「重要かどうか」や「フォームの有無」に関わらず、SSL化されていないすべてのページ( https の s が付いてない http のサイト)で「保護されていません」をブラウザに表示するという公式発表がされました。

続くように、2019年には主にiPhoneなどのブラウザ「Safari」でも「安全ではありません」と表示されるようになりました。

現時点で、これら「警告表示を回避」できる可能性がある方法としては、サイトを常時SSL化(サイト内すべてのページをhttps化)する以外の方法はなく、以前まではパスワード入力や入力フォームがなければ特に問題なかったものが「常時SSL化されていないすべてのサイト」で一部のブラウザでは警告が出るようになってしまいました。

また、上記は「Chrome・Safari」の内容になりますが、その他の複数のブラウザでも、SSL化されていない場合には警告を出すなどの機能が検討されているようです。

※2019年10月には、Googleから「2020年」頃には「今よりもさらに常時SSLを厳格にしていく」と発表がありましたことから、Chrome・Safari利用者以外の利用者も含め、今までとは違い「すべてのサイトで常時SSL化が必須の時代に近づいてきた」と言えます。

3.本来の目的・一般的な目的

SSLによる暗号化通信では、インターネット上でやりとりされるデータが暗号化されることから、フォームなどに入力されたクレジットカード番号やパスワードなどの情報を、悪意のある第三者に「盗聴や改ざん」などをされることなく安全に通信することができます。

AD ARTでは「ショッピングサイト」や「パスワード」を必要とするサイト等の制作運営は承っておりませんため、上記の「1:SEO対策」「2:警告の回避」が常時SSL化の「主な必要性」になるかと考えますが、本来は「悪意ある第三者」に「盗聴や改ざん」されることを防ぐことが「SSLの目的」です。

本来はこのような目的ではありますが、特にフォームを用いない「一般のお客様のWEBサイト」では、「SEO対策・Google対策・ブラウザの表示対策」のような内容が、ほとんどの場合で「主な目的」と考えていただいて問題ないかと思います。
 

1.関連するすべての内容も含めまして、ブラウザの種類やバージョン・セキュリティソフト・通信や回線・OS・その他の環境等によっては常時SSL化後も「何らかの警告」や「エラー」等が表示される場合もございます。すべての環境で正常に動作することを保証するものではございませんこと、また、これらによりいかなる不利益や損害が発生したとしても、AD ARTは一切の責任を負いかねますこと、予めご了承ください。

2.主に、リダイレクトの設定のほか、ソース内の記述変更、場合によってはサーバーの変更等も加わることがあるため、設定作業中や反映中、反映後一定期間は、一時的に不安定な表示や通信になってしまう場合もございます。これらにつきましても、AD ARTでは一切の責任を負いかねますこと、予めご了承ください。

3.AD ARTではない「他社の何らかのサービスのコード・ソース・タグ等の埋め込み」や「外部へのリンク」などをご利用中のお客様で、それらがSSL化(https)に「非対応」の場合、いずれかまたはすべてのサービスが正常にご利用頂けない場合や、サイトそのものはhttpsで始まる文字列で閲覧できる(常時SSL化のURLで表示可能)にも関わらず「保護されていません」等が表示されてしまう場合もございます。このような場合には、該当の外部サイトのURLやコード等が、バージョンアップ等でSSL化対応に変更がないかをご確認のうえ、SSL化対応になっている場合には、その詳細(該当箇所とSSL化対応済みのリンク・コード等)をお伝えください。

(※2019年10月の発表でGoogleは2020年頃からhttpとhttpsの混在コンテンツを排除していくような方針を示していますので、サイトURLはSSL化していてもなんらかのソース・コード等がSSL化されていない場合には、修正が急務であると考えます)

4.フォームをご利用中のお客様は、フォームの仕様が変更になる場合やフォームの初期化が行われる場合がございます。予めご了承ください。

5.お客様管理のサーバーの場合、サーバーでのSSL設定やご契約はお客様ご自身にてお願いいたします。サーバーでのSSLのご契約や設定完了後、「完了のご連絡」を頂きましたら14営業日以内ほどでホームページ本体の修正や調整をAD ARTの方で行わせていただきます。サーバーがhtaccessによるhttpからhttpsへの自動転送設定が可能な場合には転送設定も行います。SSLの可否を含めまして個別の詳細内容はお客様の状況やサーバー等により異なる場合がございます。なお、サーバーとのSSLのご契約につきましては、ご利用中のサーバー会社にお問い合わせください。

6.本オプションはメールアドレスやその他のオプションやお客様独自に挿入した何らかのシステム等におけるSSLではございません。WEBサイト表示上(ホームページを見るとき)の常時SSL化(https化)の内容となります。

7.SEO対策個別のサイト内容やその他事情等により常時SSL化に関する詳細が異なる場合や変更される場合もございますことから、利用の種類・認証局・各詳細等につきましてはお答えいたしかねますこと、ご了承ください。サイトシールの発行もございませんため、お客様ご自身で認証局やサーバー証明書等に何らかのご希望がございます場合には、希望内容の詳細をお添えのうえ、お問い合わせください。(様々な認証局がございますので、料金や可否はそれら希望内容により、大きく異なります)

8.転送は、htaccessによるリダイレクトで、基本的に「httpからhttpsへは自動転送される」ようになりますが、正式なURLはhttpsから始まるURLが正式なものとなります。なお、オプションを解除した場合などにおいて、httpsでアクセスした場合にhttpに転送するような設定は行っておりませんこと、予めご了承ください。

トップページに戻る

トップページ
格安の特徴&秘密

料金プラン
オリジナルデザイン
テンプレートデザイン
オプション料金

制作実績


制作の流れ原稿提出のしかた
制作アドバイス

よくある質問

ご注文フォーム
ご利用規約

お問い合わせ

リンク
運営概要
お客様ページ

 
     
 

格安の特徴  料金プラン  オリジナル制作  テンプレート制作

制作実績  お客様の声  制作アドバイス  オプション料金

ホームページ制作の流れ  ご注文フォーム  よくある質問

ご利用規約  運営概要  お客様ページ

厚木市と沼津市から全国へ、ホームページ制作のAD ART (アドアート)
年¥15,000 + 制作費¥3,000 初年度合計¥18,000~

 


お見積り、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Copyright AD ART. All Rights Reserved.