格安ホームページ作成・改行位置のご説明

 サイトマップ
  本当の格安ホームページ制作 AD ART  
ADART トップページ格安の特徴オリジナルデザインテンプレートデザイン制作実績お問い合わせ
  本当の「安さ」で選びたい ADART  
  格安ホームページ制作のADART 改行・フォント等について  
 

「文字サイズ・字体・改行・折返し」に関するご案内

あくまで、WEBサイトは「様々な環境下」で見られることを想定・前提としており、それらの環境に「自動的にマッチングできるような仕組み」となっています。

「WEBサイト」は「印刷物」とは「全く違うもの」であることをご理解ください。

以下に掲載の「文字サイズ・フォント字体・改行位置」につきましては、現在のほぼすべてのWEBサイトが同じ仕組みとなっており、このような仕組みが「一般的」であり「SEO対策的にも優先」されている内容となります。

改行とは、主に「1文中の折り返し・右横まで行って左下の次の行に移動する」ことです。

まず、見ている人の閲覧環境(ブラウザ・設定など)によって、「表示されている文字の大きさ」「フォント字体・文字の形」は「それぞれ違い」ます。

さらに、横いっぱいで表示できる文字数(その文字の大きさで左から右までの1行に入る文字数)も、閲覧環境によって大きく異なります。

このようにWEBサイトでは、「文字そのもののサイズ」も「横幅(横1行に入る文字数)」も、「絶対値」ではなく閲覧環境により「相対的に変化」する仕組みになっており、「文字サイズと横1行に入る文字数」が変化してしまうため、結果的に改行位置(折り返す位置)が異なるという現象が発生してしまいます。

このことから、文字の大きさや画面のサイズが変わることによって「横幅に文字が入りきらない場合」には「自動で改行」される「決まり・仕組み」が採用され、これが現在のインターネットWEBサイトの主流(常識)になっています。

これらのことから、自動改行のみ(1文の中で改行場所をこちらで指定しない)で表示させることが「ベストな改行方法・テキストの表示方法」であり、ほとんどのWEBサイトは1文中で改行を指定せずに、自動改行のみで改行されています。

※上記のように基本的には閲覧環境が自動的に改行位置を決めます。

※「改行位置・折り返し位置を指定」してしまうと、「指定改行」と「自動改行」の2つの改行によって、意図しない「不自然な改行が重なってしまう懸念」がございます。下部に実際のテキストサイズを変化させた実例を掲載しております。

※「文字サイズ」を閲覧者の環境や設定に合わせて「変更できる」ことがユーザビリティに優れているWEBサイトと判断され、現在のほとんどのWEBサイトでは「文字サイズ(改行)」は相対的に変化できるようになっています。文字サイズ(改行)を「固定」してしまうと、Google等にも「ユーザビリティの悪いサイト」と判断されてしまいます。

※「行間(1行目と2行目の空間)」に関しましても「指定」してしまうと、閲覧環境によっては非常に不自然になってしまいますので、通常は「行間も閲覧者のブラウザ」が「自動で調整(指定なし)」を強く推奨しております。

※下の「オレンジ枠内」を、ホームページの本文中(表示領域)と仮定し、「文字サイズによる改行位置(折り返し)」の一例を掲載しておきます。

改行位置の【指定なし・自動改行のみ】

改行を「指定しない」場合、文字サイズに合わせて「自動改行」されるため、一定程度の見やすさ・読みやすさを「どの文字サイズでもキープ」しているかと思います。

文字サイズが「小」で表示される環境の場合

サンプル、例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、改行を指定してしまうと、意図しない部分で、何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生してしまう可能性がかなり高い確率で起こり得る為、このように通常は「改行位置」を指定しないことが基本となり、「これが読みやすい」と認識されます。

文字サイズが「中」で表示される環境の場合

サンプル、例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、改行を指定してしまうと、意図しない部分で、何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生してしまう可能性がかなり高い確率で起こり得る為、このように通常は「改行位置」を指定しないことが基本となり、「これが読みやすい」と認識されます。

文字サイズが「大」で表示される環境の場合

サンプル、例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、改行を指定してしまうと、意図しない部分で、何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生してしまう可能性がかなり高い確率で起こり得る為、このように通常は「改行位置」を指定しないことが基本となり、「これが読みやすい」と認識されます。

文字サイズが「特大」で表示される環境の場合

サンプル、例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、改行を指定してしまうと、意図しない部分で、何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生してしまう可能性がかなり高い確率で起こり得る為、このように通常は「改行位置」を指定しないことが基本となり、「これが読みやすい」と認識されます。

上記のように、通常は閲覧者側のブラウザ・文字サイズ設定・環境によって「一文は自動的」に改行され、どの文字サイズでも一定の読みやすさをキープしています。

改行位置の【指定有り】

改行位置を「指定」してしまうと、閲覧者によっては下のような不自然な現象が発生する可能性がございます。※この可能性は非常に高いものです。

「指定改行」と「自動改行」の2つによって、「複数の箇所で改行」されることから、見やすくしたつもりが「閲覧環境(特に大きな文字サイズ)では、逆に見難く不自然に」なってしまいます。

※以下は、句読点の「、」で「改行を指定」した場合

サンプル、
例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、
改行を指定してしまうと、
このように意図しない部分で、
何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生してしまう可能性が、
かなり高い確率で起こり得る為、
通常は「改行位置」を指定しないのが基本で、
このように例えば「、」で改行を指定してしまうと、
特に大きな文字で表示される環境下の場合は、
見難い&読みにくいと認識
されます。

サンプル、
例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、
改行を指定してしまうと、
このように意図しない部分で、
何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生してしまう可能性が、
かなり高い確率で起こり得る為、
通常は「改行位置」を指定しないのが基本で、
このように例えば「、」で改行を指定してしまうと、
特に大きな文字で表示される環境下の場合は、
見難い&読みにくいと認識
されます。

サンプル、
例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、
改行を指定してしまうと、
このように意図しない部分で、
何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生
してしまう可能性が、
かなり高い確率で起こり得る為、
通常は「改行位置」を指定しないのが基本で、
このように例えば「、」で改行を指定してしまうと、
特に大きな文字で表示される環境下の場合は、
見難い&読みにくいと認識
されます。

サンプル、
例えばここにこのような「長い1文の文章」が入るわけですが、
改行を指定してしまうと、
このように意図しない部分で、
何カ所もの改行が大量に複数箇所で発生してしまう可能性が、
かなり高い確率で起こり得る為、
通常は「改行位置」を指定しないのが基本で、
このように例えば「、」で改行を指定してしまうと、
特に大きな文字で表示される環境下の場合は、
見難い&読みにくいと認識
されます。

上記のように、通常は閲覧者側のブラウザ・文字サイズ設定・環境によって「自動的に改行」される部分と「指定した改行位置」での改行部分と、この「2つの改行」によって複数の改行が発生してしまい「とても読み難い文章」となってしまいます。

このため、「改行位置」は「指定しない(自動改行にお任せする)」ことが一般的となっています。

表の文字サイズや幅の指定

「文字サイズ・改行」の原理と同じで「表の中」の文字サイズや幅を指定してしまうと、意図しない部分で改行される可能性がございます。

「幅指定なし」&「文字デフォルト」

サンプル サンプル サンプル
値段等は特に決まっていません 0円 お問合せ
詳しくはお問い合わせ下さい 5円 500円

幅を「均等に指定」&「文字デフォルト」

サンプル サンプル サンプル
値段等は特に決まっていません 0円 お問合せ
詳しくはお問い合わせ下さい 5円 500円

多くの場合、「幅を指定した表」の場合では、「一番左が不自然に改行」されてしまっているかと思います。

表の場合は、見やすさとデザイン性とのバランスを考えると同時に、基本的には「お客様の好み」にもよりますので、ご希望がございましたら、お気軽にお申し付けください。

また、幅を指定(均等に)などをご依頼頂いた場合、上記のような現象が発生する可能性がございますこと、予め、ご理解とご了承をお願い致します。

表の中の横に「文字数」が多い

サンプル サンプル サンプル
0円~1500円値段等は特に決まっていません 0円~200円ですが詳しくはお問い合わせください 5000円~100000円ですがお問合せを頂いてからご回答します

なお、横幅に入る文字数が決まっている(閲覧者により変動する)ので、文字数が多い場合は自動的に改行されます。

「改行」ではなく「段落」の指定

「改行」は横の行を1行下の先頭に移動させる(折り返し)すことで、「段落」は文章の「塊・一文」を、空白を明けて次の「塊」に移動させることです。

1文中では使いません。1文が始まって終わるまでは、基本的に1つの段落となり、文字が多い場合には、自動的に改行されます。

段落1・サンプル

段落2・ここから次の1文が始まり、終わる。

段落3・ここから次の1文が始まり、終わる。

段落4・ここから次の1文が始まりますが「1文が長い」ような場合には、上で解説の通り、このように1文が右まで行ったら、自動的に文章は改行(折り返し)されます。

「フォント・字体」の指定

「フォント」はテキストの「字体(文字の形)」のことです。フォントも「見ている環境」によって、変化しています。(もちろんですが、画像で制作・表示させている部分は変化しません)

フォントに関する詳しい仕組みは割愛させて頂きますが、簡単に言うと、

見ている人の環境に「指定したフォントが、存在する場合」にはその文字で表示されます。

見ている人の環境に「指定したフォントが、存在しない場合」にはデフォルト(デバイスやブラウザが標準としている)フォントで表示されます。

通常(AD ARTが推奨する標準フォント)
当サイトの本文で使用中の文字です
あいうえおかきくけこ
愛・合・相・藍
abcdefghijk
1234567890

「明朝体」を指定
あいうえおかきくけこ
愛・合・相・藍
abcdefghijk
1234567890

「行書体」を指定
あいうえおかきくけこ
愛・合・相・藍
abcdefghijk
1234567890

上記のフォントは「見ている人」によっては「そのフォントで表示されていたり、されていなかったり」します。

また、フォントによって「文字の間隔・行の間隔」も異なります。

インターネットが普及し、多くのWEBサイトや技術者が「見やすいフォント」を追求してきました。

AD ARTでは、この「見やすいフォント」かつ「多くの閲覧環境下でも近い形で表示される可能性が高いフォント」として広く利用されている「(いま見ているフォント)」を使用させて頂いております。

もちろんご希望であれば、フォントの変更も可能ですが、

一般的には「1.見難いと感じてしまう懸念があること」「2.閲覧環境によってはそのフォントでは表示されない可能性があること」「3.文字の間隔や行の間隔が変化し、見難くなってしまう懸念があること」

の「上記3点」を予めご了承ください。

「絶対に変化させたくない部分」の場合

なお、どの閲覧環境下でも「絶対的」に指定した「文字サイズ・改行・フォント」で表示したい部分に関しましては、該当箇所を「画像で制作」することで、環境に左右されずに同じフォント・サイズ・改行で表示させることが可能です。

画像で制作した文字(画像内の文字)は、「写真」と同じで、どの閲覧環境下でも「画像のまま」表示されるため、文字サイズや改行位置、フォント等に変化がございません。

このため、メニューボタンなどでは画像を利用することがありますが、「本文のテキスト部分・ページ内容の部分」を画像で制作してしまうと、SEO対策的にはあまり有意義ではない(テキストが重要で、画像は評価が低い)という「大きなデメリット」がございます。

テキストによる文字サイズ(改行位置)で問題がない場合には、画像ではなく、テキストでの表示を強く推奨(さらに、閲覧環境によって見ている環境に合わせて変化できるテキストを推奨)させて頂きますが、もし、ご希望がございましたら、

上記の理由・デメリットを、ご理解ご承知頂いたうえで、該当箇所を改めて「画像にて制作」させて頂きますので、お気軽にお申し付け頂ければと存じます。

【重要】AD ARTより、大切なご案内  

WEBサイトは「見やすいこと・わかり易いこと、が「一番優先」である」ということが何より重要で、デザイン性、オリジナル性、インパクトなどを求めるあまり、「どこに何があるかわからないサイト」「文字サイズやフォントが見難いサイト」はほとんどの場合、すぐに立ち去られてしまいます。

これは「実際の閲覧データ」にも基づいて検証されている事実であり、「WEB制作の基本・WEB運営の基本」として「広く周知・徹底」されていることです。

例えば「デザイン性」を求めるあまり「見難い・わかり難い」サイトでは、なんの為のサイトなのか…、誰のためのサイトなのか…、何が目的なのか…、

正直申しまして「自己満足と本末転倒」となってしまいがちです…。

誠に恐縮ながら、WEBサイトの作成や運営をはじめて行う方が陥りやすく「失敗」しやすい点であり、「初めてのWEBサイトのような教本」には「必ず書いてある何よりも重要」とされていることです。

多くの場合、閲覧者は「情報を探して」います!

「大切なこと」は「見やすくて、わかり易い事」です!

AD ARTでは、その都度、可能な限りお客様の不利益とならないようなアドバイスをさせて頂いておりますが、お客様の「ご希望・サイト運営の戦略」もあるかと存じますので「1度はご説明とご案内」をさせて頂きますが、その後は「お客様のご希望通り」に進めて参ります。

同一内容を複数回にわたってご案内するような「しつこい押し付け」はしておりませんこと、ご理解とご了承を頂きたく存じます。

トップページに戻る

 
     
 

格安の特徴  料金プラン  オリジナル制作  テンプレート制作

制作実績  お客様の声  制作アドバイス  オプション料金

ホームページ制作の流れ  ご注文フォーム  よくある質問

ご利用規約  会社概要  お客様ページ

厚木市と沼津市から全国へ、ホームページ制作のAD ART
年間料¥15,000 + 制作費¥3,000 合計¥18,000

 


お見積り、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Copyright AD ART. All Rights Reserved.